リサイクルまでの流れ

プラスチック廃材からプラスチック原料(ペレット)になる流れを紹介しています。

回収(集荷)

  • 回収(集荷)

    回収(集荷)

    加工メーカーから排出される工程内ロスや廃プラスチックを回収します。

    • 成形不良品、廃プラスチックなど
  • 粉砕機

    粉砕

    EREMA様々な種類のプラスチックを用途に合わせて分類し、細かく粉砕します。

  • 洗浄脱水機

    洗浄

    ゴミや異物(ラベルなどの付着物)が混入しないよう、粉砕したプラスチックを洗浄脱水機で撹拌しながら水洗浄します。

  • タンブラー

    混合(ブレンド)

    品質が均一になるよう、お客様のニーズ、用途に合わせて混合・着色します。

    • 流動性や色調、強度などを調整
  • 押出機

    造粒加工

    ペレット混合したものを押出機にて熱溶融し、再生原料であるペレットとして原料化します。

  • 品質試験

    品質試験

    サンプリングしたペレットの物性を、お客様の要求品質に合っているかどうか検査します。

    • 流動性や比重(密度)、強度、色調など
  • 出荷

    出荷

    お客様の工場のスケジュール及び工程に合わせて、原料のペレットを袋詰めし出荷します。